町内掲示板にコロナの影

 二宮町の町内掲示板にすき間が目立ってきた。コロナウイルスの汚染拡大への対応から、次々と行事、イベントが中止や延期を余儀なくされているからだ。特に、28日(金)に急きょ出された二宮町の町有施設の休館、閉鎖方針の影響は大きく、もうすぐ町中の広報掲示板はガラガラになることだろう。

 29日(土)午後、掲示チラシに「中止」のシールを貼るために、町内をぐるっと回った。それで気づいたのは、貼ってあるチラシに「中止」や「延期」のシールや貼り紙がやたらと目立つこと。もう一つは、10日ほど前まではA4判チラシで埋め尽くされていた掲示板のあちこちにすき間ができていることだ。場所によっては、すき間の方が広い掲示板もある。新企画のチラシを貼るスペースを見つけるのに四苦八苦していたのが、まるでうそのような光景だ。

 急変の引き金は、町が急きょ貼り出した「大事なお知らせ」。どの掲示板にもひときわ目立つ場所に貼ってあった。一部では、B4の拡大判もある。ラディアン、町民センター、コミセン、児童館、体育館、運動場などの町有施設は3月2日(月)~16日(月)まで閉鎖、休館にするという随分、思い切った通告である。地域内行事のほとんどは町有施設を使うので、これでは各団体、サークルとも中止か延期しかない。
全体で100ヶ所近く、町内の要所要所に設置された広報掲示板ががらんどうになると、街角の景色も随分と変わることだろう。 (MH)

4+