外来黄花・オオキンケイギクの花盛り―百合が丘

 百合が丘の道路際で、美しく咲き誇る黄色の花に出会いました。下の写真を見てください。その名は、オオキンケイギク、日本語表記は大金鶏菊。一見すると、毎秋、コスモスに先駆けて花開くキバナコスモスに似ていますが、これは5-7月が盛りの異種。北アメリカ原産のキク科の多年草。いわゆる外来種です。このきれいな花は今頃、百合が丘のあちこちで見かけます。写真は百合が丘1丁目の公社住宅の斜面地です。

 見かけもよく、強靭で、繁殖力の強い多年草であることから、緑化工事によく利用されていましたが、定着後は在来の野草を駆逐するほど強い性質を持つことがわかり、平成18年には環境庁の「特定外来生物」に指定されました。従って、勝手に持ち帰ったり、抜いたままにしたりすることは禁じられています。庭に生えているのを見つけた場合には、引き抜いて完全焼却したり、天日に晒して駆除することが望まれています。 見かけはとてもきれいですが、注意が必要。ぜひ知っておいてください。  (AY)

5+

「友情の山の山野草たち」、読売・神奈川県版に

 一色小・友情の山の山野草をカラー冊子にまとめた「友情の山の山野草たち」が、執筆者の写真とともに、5月14日付の読売新聞神奈川県版で取り上げられた。同紙の神奈川県版は、神奈川県内全域に共通記事として掲載される。大見出しの扱いではなかったものの、早くも同日中に、横浜市内から冊子を入手したいなどの反響があった。

 読売新聞の記事は、図鑑風の内容と山野草の調査・執筆に当たった山本詢子さん、和田美乃さん(いずれも百合が丘)の紹介を中心に構成。見出しは、「学校の山に自生 山野草を一冊に――二宮の愛好家」。西湘南の豊かな自然が残る一色小裏山の樹木、野草の調査を、3年間、50回にわたって行ったことなどを記している。

 実はこの取材は、「友情の山の山野草たち」が発刊されて間もない4月初めに済んでいた。ところがその後、コロナウイルス感染で紙面が埋め尽くされる日々が続き、掲載が延び延びになっていた。このカラー冊子は当初、4、5月に計画された講演会や観察会の参考資料として利用されるはずだったが、コロナ騒動でそれらはすべて見送りに。このため地域でもその存在があまり知られていないが、口コミなどで広まり、すでに200冊強を販売済み。現在も協議会事務所、百合が丘児童館で取り扱っている(カラー版、80頁、500円)。  (MH)

【友情の山の山野草たち】

3+

上を向いて歩こう

 新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出、延長により、外出自粛の日々が続いています。なかなか先行きが見えない状況が続き、何日も巣籠り状態が続くとストレスが溜まり、心身に影響を及ぼします。しかし、長いトンネルも何時かは出口に辿り着きます。今はそれを信じて、前向きに上を向いて歩いて行く時期かと思います。

 一色小学校区地域再生協議会が主催する「やまゆり里山音楽祭」も今年はラディアンにて開催される予定でしたが、コロナ禍の影響で来年に延期されました。

 そこで、2017年11月5日の「やまゆり里山音楽祭」で、地域の老若男女約80人で構成された「やまゆり合唱団」が披露した『上を向いて歩こう』の動画をお届けします。このコロナ禍が一日も早く終息すること、そして「やまゆり里山音楽祭」の復活を願って…(TF)

「やまゆり合唱団」の『上を向いて歩こう』の動画は【こちら】(YouTube)

4+