一色の蕎麦

年越し蕎麦のため、脱穀した蕎麦の実を石臼で粉に挽きます。おいしいそば粉を作るために人力で挽くのです。(こだわり?)

熱を持たせてはいけないので美味しい粉にするには気を遣います。

この日は、仲間で餅つきもあり、都会ではあまり見られない田舎の光景もご紹介します。

粉にする前の取り入れた蕎麦のみです。
お孫さんたちがおじいさんの手ほどきで石臼を挽いています。
低めに蕎麦のみに混じった不純物をふるいにかけて取り除いています。
ついている餅は、約3.3キロです。
3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です