はしご乗りに大拍手――消防出初式

1月12日(日)、町民運動場で新年恒例の二宮町消防出初式が行われた。町内の5消防分団から総勢12名の団員表彰、県危機管理室室長、町関係者の挨拶があった後、第2部へ。

第2部では、来場者全員に豚汁が振舞われ、恒例のはしご乗りに歓声が上がり、大きな拍手が寄せられた。伝統の技に、はしごの天辺から女性がにこやかに手を振る姿はおめでたい日によく似合う。

はしご乗り

最後に行われた青天の1点に向けた一斉放水は、まるで二宮町の消防団活動の意気込みを表すように息もぴったり。見ていて晴れ晴れとした気持ちになった。(NY)

一斉放水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です