橘川卓司さん、原道子さんが表彰される――町・新春の集い

  1月7日(火)に行われた新春の集い(二宮町主催、ラディアン)で再生協議会とかかわりの深い橘川卓司さん、原 道子さんが表彰された。橘川さんは教育委員会表彰、原さんには教育委員会から感謝状が贈られた。

橘川さんは平成24年から、町の文化財の保存や活用に関わる文化財保護委員を務め、「社会教育の振興発展に貢献した」ことが受賞の理由。教職を退いてからは生地の一色を中心に、町内の様々な文化活動に携わり、再生協議会でも散策路部会の有力メンバーとして活躍中。

原さんは、平成27年秋から昨秋までの4年間教育委員を務めていた。町内の中学校、鎌倉女子大の講師などとして活躍。中でも6年近く校長を務めた一色小学校では様々な取組みを行い、今でも多くの原ファンがいる。直近ではコミュニティスクールの推進や小中一貫校の立案に大きな役割を果たした。協議会では、やまゆり合唱団の発足メンバーで、地域こうりゅう塾の講師としてもお世話になっている。 (HM)

“橘川卓司さん、原道子さんが表彰される――町・新春の集い” への1件の返信

  1. お二人とも、本当に暖かく魅力いっぱいの方。受賞おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です