吾妻山公園菜の花と曽我梅林ウォーキングツアー

2月15日(土)、菜の花ウォッチングのイベントの一つである『吾妻山公園菜の花と曽我梅林ウォーキングツアー』(主催:二宮町観光協会、共催:グリーンにのみやプロジェクト)が開催された。このウォーキングは吾妻山~川勾神社~曽我丘陵六本松峠~城前寺~曽我梅林迄の歩行距離約12Km の健脚向きコースである。心配された天気も薄日が差す良好なコンデションの中、脚に自慢の町内外からの参加者約50人が、ガイドの方を先頭に二班に分かれて9時半過ぎに駅前観光案内所を出発。先ずは息を弾ませながら急階段を上り吾妻山に向かった。

春の訪れを感じさせる水仙の小道を抜け、「吾妻神社」に立ち寄り吾妻山山頂に辿り着いた。山頂では満開の菜の花が迎えてくれ、富士山、箱根連山、丹沢、大山などもバッチリと見え、素晴らしい景色を堪能した。頂上からは釜野口経由で次の目的地である「川勾神社」に向かった。「川勾神社」では前日から開催されていた『雛の吊るし飾り展』(写真)を見学、社務所に飾られている多数の吊るし雛は圧巻であった。

11時半に曽我丘陵六本松峠に向かって神社を出発、ほどなく小田原市に入り、中村川沿いの道(写真)を歩いているとカワセミの姿も見ることができた。途中、鎌倉古道沿いの「白髭神社」に立ち寄り、里山の風情と緩やかな時に急な上り坂が延々と続く沼代地区を抜けて、ようやく六本松峠に辿り着いた。時計をみると13時近くで、ここでお昼休憩をとった。

六本松峠は、鎌倉時代には足柄道、鎌倉道、大山道、箱根道が交差する重要な峠で、かつては六本の古松があったが、今は石碑と芭蕉の句碑があるだけである。(写真)
筆者は小学生の頃は曽我丘陵の二宮町とは反対側に住んでいたので、六本松には幾度か訪れたことはあるが、それも50年以上前の話で、今回は久々の訪問であった。
峠まで車道が整備されるなど辺りの風景はすっかり様変わりしたが、断片的な記憶を辿っていくと、まだ古松の一部が残っていた当時の情景なども蘇り懐かしさを感じた。

13時半に六本松を出発、急坂を下りながら眼下に広がる小田原市街、富士山、箱根連山のパノラマを楽しんだ。手前には曽我梅林も見え、上から見ると白い絨毯を敷きつめてあるようで、満開の梅が我々を迎えてくれた。途中、「伝曽我祐信宝篋(ほうきょう)印塔」を見学し、「城前寺」に着いた。「城前寺」は日本三大仇討で有名な曽我兄弟ゆかりの寺で、本堂裏にある兄弟などの供養塔を見学した。ツアーはここで解散となり、その後は下曽我駅に向かう人、曽我梅林に向かう人に分かれた。 筆者も今日一日長い行程をご案内頂いたガイドの皆様に感謝しつつ家路に着いた。(TF)

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です