外来黄花・オオキンケイギクの花盛り―百合が丘

 百合が丘の道路際で、美しく咲き誇る黄色の花に出会いました。下の写真を見てください。その名は、オオキンケイギク、日本語表記は大金鶏菊。一見すると、毎秋、コスモスに先駆けて花開くキバナコスモスに似ていますが、これは5-7月が盛りの異種。北アメリカ原産のキク科の多年草。いわゆる外来種です。このきれいな花は今頃、百合が丘のあちこちで見かけます。写真は百合が丘1丁目の公社住宅の斜面地です。

 見かけもよく、強靭で、繁殖力の強い多年草であることから、緑化工事によく利用されていましたが、定着後は在来の野草を駆逐するほど強い性質を持つことがわかり、平成18年には環境庁の「特定外来生物」に指定されました。従って、勝手に持ち帰ったり、抜いたままにしたりすることは禁じられています。庭に生えているのを見つけた場合には、引き抜いて完全焼却したり、天日に晒して駆除することが望まれています。 見かけはとてもきれいですが、注意が必要。ぜひ知っておいてください。  (AY)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です