クララ・れっきとした在来種です

 今回は百合が丘、ラディアンの周辺でも見られるクララ(マメ科 クララ属)を紹介します。名前はいかにも外来種風ですが、ピカピカの在来種。根っこをかむと、目がくらくらするほど苦いので、この名がついたようです。

 二宮町内ではもう花が終わっており、つい最近、山梨・北富士演習場に出かけた際に撮影しました。湘南より少し寒いせいか、今まさに花盛り。富士山を借景にしたその開花ぶりは見事なものでした。

北富士演習場のクララ

 本州以南に分布し、日当たりの良いところでは高さ1.5メートルほどになるようです。花は黄緑色の蝶形花で、豆果は長さ7~8cmの円柱形。解毒、抗菌作用のある民間薬として利用されています。 (AY)

クララ豆果(百合が丘)

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です