3か月遅れの初作業―百合1公園愛護会

 百合1公園愛護会(畑野米男会長)は16日(木)、今年度初の公園清掃作業を行った。場所はさくら児童公園。参加者は11人(うち女性3人)。百合1公園愛護会は二宮町内の公園愛護会の先駆組織で、長い間1丁目の複数の公園、一色小学校などの除草作業に携わってきた。毎年、年度当初から月1回の共同作業を続けて来たが、天候不順、コロナ対策の制約もあり、会員が集まる各月の作業が延び延びになっていた。
  7月の作業は当初、1丁目公会堂の予定だった。6月作業が先送りになった事情もあってさくら遊園地に変更した。「ここは児童公園だから、ていねいにやらなくちゃ」。そんな声があがり、さくら遊園地は規模も小さく、なお且つチームの中心メンバーがほぼ顔をそろえたこともあって、1時間半余りで終了した。次回は26日(公会堂)。  (MH)

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です