友情の山に咲く絶滅危惧2種・アサザとサガミラン

 23日(木)から友情の山(一色小)ヤマユリの公開が始まりますが、この機会に最近友情の山で見つけたとても珍しい植物2種を紹介します。ヤマユリ鑑賞のついでに探してみてください。

 まずは、絶滅危惧の多年生水草のアサザ(ミツガシワ科アサザ属)。新しく整備されたビオトープ(友情の池)で黄入りの花を咲かせていました。ユーラシア大陸の温帯地区に広く分布し、日本では本州、九州で見られます。地下茎は水底の中を横に這い、茎は太く、葉柄は長く水面に浮かんでいます。花は夏に葉腋から数本の柄を出し、鮮黄色の花をつけます。

アサザ

 サガミラン(ラン科シュンラン属)は、池の先を右に折れて登る坂の途中にありました。二宮では2015年に一色で見かけたのが初めてでしたが、この7月16日には吾妻山で、さらに19日には友情の山で見つけました。とっても嬉しかったです。比較的見つかるシュンランの仲間で、花はよく似ていますが、サガミランは菌従属栄養植物。葉っぱがなく、地下茎にすむ菌から養分を取って生きる珍しい植物です。花は乳白色、樹木下の薄暗い場所で育ちます。
 24日(金)、26日(日)午前は現地におりますので、何かあれば声をかけてください。  (AY)                                    

サガミラン
5+

“友情の山に咲く絶滅危惧2種・アサザとサガミラン” への1件の返信

  1. 失礼します。
    吾妻山でサガミランを観賞したいのですが、どこら辺に咲いているかご存知でしょうか?
    今年はマヤランが咲かなくて残念だったのですが、まさかの情報をここで知る事が出来、嬉しく思います。
    吾妻山で作業をされている職員の方々は、腐生植物の場所に詳しい方とそうでない方がおられたので、ここで場所を知れたら、ありがたいです。

    よろしくお願いします。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です