花数24個とピンク色の花弁――百合が丘にヤマユリ珍種

 百合が丘の自生ヤマユリの開花は山を越したが、百合が丘3丁目で珍しいユリが見つかった。一つは1本の茎に24個の花が付いたもの。もう一つは花弁がピンク色の種類。

 大量の花をつけたものは茎が帯状になっており、あきらかな突然変異。 “ピンクユリ”の方は、専門家に聞いたところ、カノコユリか、カノコユリが交雑したヤマユリらしい。
 見つけたのは地元のヤマユリ愛好家の竹内龍男さん(百合2)。「こんなのは見たことがない」と驚いている。  (MH)

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です