一色の蕎麦

一色地区で蕎麦愛好家と称するグループがあります。 今年も8月に種を撒き、順調に育ち白い花を咲かせています。 この写真の場所は、一色バス停近くの畑ですが愛好家のグループはこのほかにも畑で蕎麦を栽培しています。 これから、刈り入れ→脱穀→製粉→蕎麦打ちとすべてを自分たちでやります。 特に製粉は石臼を使って昔ながらの人力で粉を挽きます。 年が明けるとこの粉を使って、「そば打ち体験」なども開催されます。 今年は、一色通いの場「サロンせせらぎ」でお花見に合わせ参加者の皆さんにもふるまわれました。 今後、機会があれば蕎麦ができるまでを紹介していきたいと思います。

7+

にのみや子ども自然塾~冒険遊び場~

 9月15日、東京大学果樹園跡地で~冒険遊び場~が行われていました。
これは、子どもたちが、自然の中で五感を使って遊び、挑戦したり、失敗したりしながら、自分の世界を広げる のびのびした子どもの遊び場を作りたいとの有志の集まりであるにのみや子ども自然塾が主催しているものです。
 冒険遊び場は、いろいろなテーマが企画され、2ヶ月に1回開催されています。
9月15日のテーマはえのぐであそぼうで、子ども達は、準備された段ボールに、足の裏に塗ったえのぐで絵を描く(?)など、思い思いに楽しんでいました。
 えのぐであそぼうだけでなく、何時も準備されている木片を使っての工作や周りを飛び交うトンボを追っかける子もいました。
とにかく、子ども達は、自分のやりたいことを、自然の中で、全身で楽しんでいました。

 にのみや子ども自然塾は、冒険遊びの場だけでなく、対象とする子ども達と時期を選んで、多様な催しを企画・運営されています。詳細は次のWebページをご覧ください。
     にのみや子ども自然塾Webページ

9+

中秋の名月(9/13)

今夜は中秋の名月ですね、月がとっても綺麗です。たしか同じようなことを漱石も言っていたような?!(^_^;)

スマホのカメラでは綺麗に撮れませんでした。(>_<)

6+

ラディアンの展示~火消装束~

 ラディアンの図書館前の通路に、第3回「もの」が語る二宮の歴史として、二宮の消防組織に関連した火消装束3点が展示してありました。火消装束が刺し子で作られていた理由がよく解りました。
 「もの」が語る二宮の歴史の今回の展示は3回目ようで、第1、2回を見逃していたようで、残念です。
 このように、ラディアンでは、いろんなものが展示されたり掲示されており、眺めるだけでも勉強になります。
 有志の方が活けられた花も飾られ、町の刊行物である町に関係ある調査資料などの見本もおかれています。

5+

百合が丘町民サービスプラザの町民作品

 百合が丘中央商店街の中にある百合が丘町民サービスプラザに、写真や木工製品など町民の作品が展示してあります。
  ジグソウパズルは、子ども達が遊んでいるようです。
近くにお寄りの際には、ぜひ 見てください。

7+

台風15号

 台風15号が、かなり雨を降らし 吹き荒れましたが、皆様には被害がありませんでしたか?
 二宮に 最も近づいたのは、9日の2時前後で、台風の中心は、二宮の少し東を通ったようです。(下図参照)
 二宮町防災情報では、新しい情報が刻々受信でき、注意状況をよく知ることができました。

5+

防災講演会

 9月16日(月・祝日)、二宮災害ボランティアネットワーク 主催の防災講演会が ラディアンで開催されます。
 講師は稲垣 秀輝氏で、テーマはー役立つ災害地質の知識ーです。

      二宮災害ボランティアネットワークのWebサイト

2+